カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年6月4日
  • カンボジアニュース

マレーシア系縫製工場、受注不足により工場閉鎖[経済]

news_20160604_mini
(c)Phnom Penh Post

 マレーシア系縫製工場、グローバルアパレルリミテッドが、受注不足を理由に今年10月までの工場閉鎖すると発表した。

 同社スタッフによると、「ベトナム、バングラデシュとは特に競争が激しく、生産性を比較した場合、我々は他国よりも低い」と、低コストで生産性の高い他国との競争に直面していたと言う。また、「工場を10月以降も稼働しようとした場合、労働者に賃金を支払うことができない」と語る。

 労働者運動集団連盟(Collective Union of Movement of Workers=CUMW)の関係者は、「会社の主張を完全に信じられない。多くの企業が賃金や税金の支払いから逃れるために閉鎖し、新しい場所で再稼働させる」と述べた。

 工場は現在約2,000人の労働者を雇用し、米国、欧州、日本向けの輸出をしている。

関連記事
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース