カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年6月2日
  • カンボジアニュース

過密するプノンペン、衛星都市計画に50億ドル資本の中国系ディベロッパー参入か[経済]

news_20160602_mini
(c)Khmer Times

 急成長を遂げるプノンペンには200万人以上が生活し、中心地の過密化によって深刻な交通渋滞を引き起こしていることから、プノンペンには衛星都市の必要性が増しているという。

 中国系ディベロッパー、カントリーガーデンホールディングス社のヤン・グゥオチァン会長が可能性調査のために先週初めてプノンペンを訪問し、フン・セン首相と会談を行ったとクメールタイムズ紙が報じた。

 同社は50億ドルの資本金を持ち、中国でトップ10に入る巨大ディベロッパー。2014年にはマレーシア政府の支援を受け、ジョホール州にジョホールバル衛星都市計画として、6000世帯が住むカントリーガーデン・ダンガベイを建設している。

 首相補佐官によると、ヤン氏はプノンペンをジョホールバルのような街にする構想を持っており、フン・セン首相は歓迎したという。

 プノンペンは人口急増に伴い不動産価格が急騰しており、農村部出身者は窮屈な都市部での生活を余儀なくされているが、通勤時間をかけても生活レベルを上げたい都民が郊外に居住し、それが衛星都市の下地になるとアナリストは語っている。



 センチュリー21メコンのチレク・ソクニムCEOは、「渋滞等の問題を解決するために衛星都市は重要で、人々の生活向上にも繋がる」と語る。

 プノンペン都の最新の統計によると、3年前は160万人だったが現在は200万人以上まで増えており、2016年第1四半期は16億7000万ドルが建設部門に投資され、これは前年同期比257.51%増だという。

関連記事
社会
プノンペン国際空港に先進技術を使用した駐車場がオープン[社会]
(08月17日)
経済
高層建築物に関するフォーラム開催 カンボジア[経済]
(07月03日)
社会
プノンペンに3番目の環状道路建設に向け中国との合意に署名[社会]
(07月02日)
経済
建設や不動産業からの税収 4年間で3億6600万ドル カンボジア[経済]
(06月16日)
経済
国連開発計画とグラブ 交通混雑に対処するため提携開始 カンボジア[経済]
(06月07日)
経済
シアヌークビル 1億ドルの新プロジェクトが建設開始へ カンボジア[経済]
(06月04日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
業界
建設現場でのカンボジアと日本の違いを間近で見てわかったこと[建設・内装] 谷俊二(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース