カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年5月31日
  • カンボジアニュース

台湾企業はカンボジアで現地パートナーを探す[経済]

news_201505313
(c)Khmer Times

 台湾企業28社は5月27日、カンボジアへの製品やサービスの輸出のための合弁企業パートナーを求め、製品展示会を行った。イベントは5つ星ホテルで行われ、カンボジア商工会議所と台湾貿易センター共催で、自動車やヘルスケア、建設製品等を展示。これは、両国の貿易団体が主催する年2回の博覧会のうちの1回で、昨年台湾貿易センターは2回のイベントを開催した。

 クメールタイムズ紙の取材に応じた台湾貿易センターの責任者は、「台湾企業はカンボジアの発展に感銘を受け、投資に対して前向きであり、現地パートナーとの合弁事業を結ぶため、情報交換が必要。また、台湾企業はプノンペンの急速な都市化に関心を持ち、カンボジアの企業ニーズに合わせて建築材料を輸出することが可能だ」と話す。

 イベントに参加した、バルブと結合金具を販売する企業の担当者は、「カンボジアの建設ブームを強調し、当社製品に対する需要がたくさんあるだろう」と話す。また、車やオートバイ用のカーボンブラシを展示していた自動車部品メーカーの代表は、「パートナーを探すため、このイベントが多くのチャンスを提供することを願っている」と述べた。

関連記事
経済
シアヌークビル自治港 上半期コンテナ輸送が順調[経済]
(03日)
経済
カンボジア 中国・上海にも貿易センター開設予定[経済]
(07月28日)
経済
トウモロコシ農家を助けるべく 政府が緊急融資資金を流用[経済]
(07月19日)
経済
カンボジア・タイの話し合いで貿易フォーラム延期[経済]
(07月09日)
経済
タイ―カンボジア間の鉄道 いまだ完成の目処立たず[経済]
(06月29日)
経済
カンボジア カフェの次はタピオカティーの争い[経済]
(06月16日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース