カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 法律
  • 2016年5月30日
  • カンボジアニュース

年内の建築基準の採択を目指し、カンボジア建設法を閣僚評議会に提出へ[法律]

news_201605163_mini
(c)Phnom Penh Post

 国土整備・都市化・建設省のペン・ソポール次官によると、建設法案が完成し、まもなく閣僚評議会に提出されるとクメールタイムズ紙が報じた。

 「法案は約300項目あり、セキュリティ面と安全性をカバーし、健全な建設業界の確保を目的に、様々な国の法令をモデルにカンボジアに合うように起草している」(政府上級顧問)。

 また同省では、「この法案のほか、不動産や建設業界に健全な枠組みを提供することを視野に様々な規制案の作成も始めており、今後は民間企業との意見交換を行いつつ修正を加え、今年末を目途にカンボジアの建築基準の採択を目指す」(前出・次官)。

 現地不動産会社は、新法案が建築基準や品質、技術支援においてさらなる利点を産むことから、業界が盛り上がるだろうと歓迎している。

 カンボジア政府の建築基準改善については、英国王立チャータード・サベイヤーズ協会(RICS)の報告書により提案や支援内容を提供されている。

関連記事
経済
低価格住宅の開発の優先を投資家に呼びかけ チア建設大臣[経済]
(14日)
社会
トンレサップ川にかかる新橋 来週にも建設開始[社会]
(10月20日)
社会
カンボジアで最も著名な建築家 ヴァン・モリヴァン氏 死去[社会]
(09月30日)
経済
韓国・富栄(ブヨン )プロジェクト 最終的に建設開始[経済]
(09月25日)
経済
ローカル向けの低価格帯コンドミニアムの販売により平均販売価格が低下[経済]
(09月17日)
経済
トゥールコーク区に多文化ホール 伝統や歴史に焦点を当てた不動産プロジェクト[経済]
(09月04日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
業界
建設現場でのカンボジアと日本の違いを間近で見てわかったこと[建設・内装] 谷俊二(2/2)
法律の最新ニュースランキング
最新ニュース