カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年5月19日
  • カンボジアニュース

カンボジアのブランド米 “アンコール・マリス”[経済]

news_201605193_mini
(c)Phnom Penh Post

 カンボジアコメ協会(Cambodian Rice Federation=CRF)は、コメの世界大会で3年連続表彰されているカンボジア産のプレミアム・ジャスミンライスを「アンコール・マリス」として名づけ、ブランド米として育てていく予定とプノンペンポスト紙が報じた。

 このジャスミンライスは炊き上がると芳醇な香りがする最高級品種で、「名づけに1年以上をかけ吟味した」(CRFの事務局長)が、多くの関係者の期待を背負っている所以か、ロゴやパッケージをどうするのか、英語表記なのかクメール語表記なのか議論をまとめきれていない。

 アンコール・マリスがブランド名として商標登録を取れば、有資格の輸出業者だけが取り扱えるようになるなど、商標保護の観点で有効であると言う。CRFの事務局長は「商標保護のために厳格な基準を設定する予定だ」と話している。

 しかし、かつてタイ政府がタイ米のプレミアム品種に巨額を投じて広告宣伝をしたように、カンボジアのコメ輸出業者もアンコール・マリスに同様の広告宣伝を望んでいるが、CRFはマーケティング予算を割いていないと指摘する。

 前途多難な出発を予感させるアンコール・マリスだが、カンボジアを代表する一大ブランドとするためにも官民協働が欠かせない。

関連記事
社会
洪水対策のための防災機関による米や種の備蓄すすむ カンボジア[社会]
(26日)
経済
カンボジアの米国への輸出 第1四半期に25%増[経済]
(20日)
経済
農業マッピングプロジェクトを全国展開 カンボジア農林水産省[経済]
(17日)
経済
カンボジア商工会議所 2019年までに初の海外オフィス開設へ[経済]
(06日)
経済
カンボジア商工会議所 輸出促進のため、バーコードシステムの利用促進を目指す[経済]
(04日)
経済
カンボジアの農業 堅調な成長が続くが課題も多い[経済]
(03日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース