カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年5月25日
  • カンボジアニュース

つづく高成長!カンボジアの外食ビジネス[経済]

news_201605253_mini
(c)Khmer Times

 プノンペンやカンボジア国内のその他の地域でもファストフード店、カフェやスムージ―などの飲料店、チェーン店などの外食産業は毎年確実に成長を遂げている。

 カンボジア人の外食にかける支出額は、2014年と2015年を比較すると約1億4000万ドル増加(12%増)しており、今年もその傾向は続く見込みだ。

 「ピザカンパニー」や「コスタコーヒー」を展開し、先日「クリスピークリームドーナツ」をオープンさせたエクスプレス・フードグループ社(Express Food Group=EFG、世界的コングロマリットのRMAカンボジアの傘下)のゼネラルマネージャーのヴィラック・テップ氏によると、「EFGの2015年の利益は、対前年比20%増で、今年も同様のペースで成長が続く見通しだ」と語る。

 「海外の新しい外食ブランドが続々と参入し、カンボジア人の選択の幅が増えており、また中間所得の世帯数の増加と収入増加によって、ここ2年、家計における外食への支出はかなり増えている」(前出・ゼネラルマネジャー)。

 パンとコーヒーを提供する韓国系「トレジュール」のフランチャイズを展開するCBM社のゼネラルダイレクター、チー・セラ氏は「カンボジア人若年層の65%が海外で有名な飲食ブランドで“新しいもの”を積極的に試したいと考えている」とクメールタイムズ紙に話している。

 トレジュールはカンボジア国内のペーストリー(パンやケーキなど)部門で30%の市場シェアを獲得した。「トレジュールの商品はリーズナブルな価格のため、地元のパン屋や外国の他ブランドとも競争できている」とセラ氏は語っている。

 クメール料理チェーン店の「パークカフェ」のゼネラルマネージャー、ヘン・センリー氏は、「ここ2年、カンボジア人の収入が増加し生活水準が上がり、外食需要も増えている」と語る。同氏によれば、カンボジアの都市生活者の一人当たりの平均食費は朝食で2.5ドル、昼食で3~4ドル、夕食で4~8ドルだという。パークカフェの年間利用客数は100万人以上で、2014年と2015年を比較すると、利用客数が27%増加し、今年の第1四半期も前年同期比20%増加している 

 パークカフェは6月末までにプノンペン都内に新たに3店舗をオープンし、今年末までに計12店舗まで増やす計画だという。同氏は、「利用客数は毎年増えており、以前は当店の来客者は1店舗につき、一日あたり約250人だったが、カンボジア人の所得向上に合わせて健康に気を遣う人々が増え、今では一日あたり300人まで増えている」とクメールタイムズ紙に応えている。

関連記事
観光
カンボジア政府 観光産業におけるサービス料金を規制[観光]
(06月19日)
経済
中間所得層向けのボレイ 売上が好調に推移 カンボジア[経済]
(05月20日)
経済
認可を受けた飲食店数、国内2000軒以上に達する カンボジア[経済]
(05月11日)
観光
中華正月シーズン 海外への旅行者数が98%増 カンボジア[観光]
(02月23日)
観光
中国人観光客の増加に高級ホテルは繁盛するも欧米人の人気飲食店は苦戦[観光]
(01月07日)
経済
モンゴルの人気レストランチェーン リトル・シープがプノンペンにオープン[経済]
(10月06日)
あわせて読みたい
注目
サン&ムーンホテル 中華正月イベントのお知らせ
注目
サン&ムーンホテル バレンタインイベントのお知らせ
注目
環境に配慮したホテルを目指す サン&ムーンホテル
注目
サン&ムーンのジムで健康に メンバーシップへのスペシャルパッケージ
注目
Early Birdの快適で気持ちいいマッサージのスペシャルプロモーション
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース