カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年5月24日
  • カンボジアニュース

ゴールドタワー42、財務状況報告せず再開許可下りず[経済]

news_201605242_mini
(c)Khmer Times

 ゴールドタワー42のディベロッパーである韓国系企業のヨン・ウー・カンボジア社(Yon Woo Cambodia)は今年2月に建設再開を目指し、昨年12月に国土整備・都市化・建設省に公式書簡を提出していたが、許可がおりなかったとクメールタイムズ紙が報じている。

 同省によれば、ヨン・ウー社へ財務状況報告を含む複数の情報開示を命じているが、ヨン・ウー側から要求した文書の提出がなされないため、再開許可ができないという。

 ゴールドタワー42はシアヌーク通りとモニボン通りの交差する角に立地しており、2008年にヨン・ウー社と同じく韓国系のハンニルエンジニアリング建設が共同で建設を開始したが、リーマンショックを契機に資金不足に陥り2009年、2012年と建設中止になっていた。

 その後、2013年に建設再開し32階に達したが2015年に三度、建設中止となっていた。2社は既に企業間紛争に突入しており、2012年に韓国の国際商事仲裁委員会によってハンニル社からヨン・ウー社へ3000万ドルの支払いを命じられていた。  

 ヨン・ウー社の役員は新たなパートナーとして別の韓国企業・大韓不動産より資金調達を受ける予定だと述べている。

関連記事
経済
今後の不動産部門の信用に懸念 カンボジア[経済]
(13日)
経済
今後5年間の不動産業界の成長を予測 カンボジア[経済]
(06日)
経済
住宅建築 需要沸騰 カンボジア[経済]
(09月29日)
政治
土地開発に新たな規制 カンボジア[政治]
(09月29日)
社会
障害者の交通安全を向上させるプロジェクトを発表 カンボジア[社会]
(08月27日)
経済
ワードブリッジが国連機関とパートナーシップを提携 カンボジア[経済]
(08月21日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース