カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年5月20日
  • カンボジアニュース

プノンペン経済特区、今月末までにカンボジア証券取引所への上場を開始[経済]

news_201605202_mini
(c)Khmer Times

 プノンペン経済特区(PPSEZ)は、今月末までにカンボジア証券取引所(CSX)への上場を開始する。

 「グランドツインズインターナショナル(GTI)とプノンペン水道公社(PPWSA)の出来高は、過去2年間で減少していたが、プノンペン港湾公社(PPAP)が3社目として上場した昨年は、CSXの取引高は増加した。PPSEZの上場でさらに市場全体の取引高が増加し、他の企業に影響を与えるだろう」(CSXのホン・ソクホーCEO)と、プノンペンポスト紙が報じた。

 PPAP上場前の取引高は1日平均4000~5000ドルだったが、上場後には1万ドルに増加した。同氏は、「PPSEZは市場の注目を集めているため、2倍3倍の取引量増加を期待している」と明らかにした。

 アクレダ証券のCEOスバイ・ヘイ氏は、5月17日のクメールタイムズ紙のソク・アワー氏のコメントに同調し、PPSEZはカンボジアでも有数の工業地帯で場所も良く、さらにはPPSEZとの信頼関係が強固な日本企業が多いため、地元投資家だけでなく、特に外国人投資家の関心を惹きつけていると話す。

 PPSEZのフォン・ニーワイCFOは、「CSXに上場している他の3社を見ても、私たちの株価は非常に競争力が高く将来への可能性を秘めており、人々は、長期的な投資として我々の株式を購入しているはずだ」と述べている。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース