カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年5月19日
  • カンボジアニュース

発展への影?森林面積の減少と取り締まりが進む林業市場[経済]

news_20160519_mini
(c)Khmer Times

 農林水産省によると、カンボジアの森林率は1965年に73%であったものの急速な減少が進み、現在は49.5%となっているとクメールタイムズ紙が報じ、これには違法な伐採や木材輸出企業の存在も原因の一つと指摘されている。

 政府はこれを重く見て、森林保護のために取り締まりを始め、またメディアも不法伐採を進める企業を厳しく報道している。NGOフォーラムにおいても、今後は入札参加企業に透明性やコンプライアンス順守を要求していくと述べられた。政府が伐採や木材輸出企業を厳しく監視ことで、民間企業の中には業態を変更する企業も出始めている。

 トリー・ピアップ・インポート・エクスポート・グループ(TPG)は、材木の国内外への販売に加え、タイへのキャッサバの輸出事業に昨年参入した。しかし、業界が厳しく見られるようになりメディアからも同社の不法伐採への関与を報道されと、同社は不動産市場の活況に合わせ、空調設備の輸入ビジネスへの参入を表明していた。

 2013年2月には農林水産省は、TPGに対してラタナキリ州の木材の買い付けと国内外への販売許可を付与しており、環境省も同社に10万トンの木材輸出許可を与えていた。

関連記事
経済
ヴェイン大臣「農業分野の課題を解決するために全力を尽くす」[経済]
(05日)
経済
カンボジア ゴム輸出 価格変動に関わらず36%増加[経済]
(03日)
経済
農林水産省 中国企業とマンゴー輸出に関して500万ドルの協定に調印[経済]
(01日)
経済
欧州系企業 カンボジアにゴム工場の稼働計画[経済]
(12月20日)
経済
ベトナム カンボジアでのカシューナッツ生産を支援[経済]
(12月14日)
経済
来年 カンボジアのパーム油が日本市場に初めて出荷か[経済]
(12月14日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの税関の汚職について、不正を無くすには、不正に応じないこと[運輸・物流]クルーチ・ソピアックトラ
業界
カンボジアの物流業、参入分野を選んでターゲットを明確にすればチャンスはある[運輸・物流]コウ・ペン
業界
国際色豊かな大手法律事務所、HBS LAW[法務・税務・会計]リ・タイセン (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース