カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年5月2日
  • カンボジアニュース

プノンペン北部に32階建てのスカイツリー・コンドミニアム・プロジェクト[経済]

news_20160502-realestate_mini
(c)realestate.com.kh

 J&Lプロパティ・ディベロップメント社 (J&L Property Development Co., Ltd.=J&L)が、プノンペン北部のルッセイケオ区に2億5000万ドルを投資して32階建てのスカイツリー・コンドミニアム・プロジェクトを始動することを発表した。

 同社はカンボジアで20年以上の実績があり、このプロジェクトのために戦略的パートナーとして中国系建設企業のMCC(Cambodia)社と協業する。また、ビルデザインはシンガポール人が手掛けると言う。完成引き渡しは2019年となる予定だ。

 「1室の購入価格は8万9440ドルからで、最低でも賃貸利回りが3年で18%以上になる見込みだ」とJ&Lの営業担当者はクメールタイムズ紙に語った。さらに「ルセイケオ地区の地価は控えめに見えても年間で6%上がる見込みであり、賃貸収入と建物評価額を合わせれば、6年後は最低でも50%の利益が出るだろう」と語った。

関連記事
経済
ローカル向けの低価格帯コンドミニアムの販売により平均販売価格が低下[経済]
(17日)
経済
中国企業 カンボジア政府から天然ゴムの輸入強化へ[経済]
(06日)
経済
トゥールコーク区に多文化ホール 伝統や歴史に焦点を当てた不動産プロジェクト[経済]
(04日)
経済
今年第2四半期のコンドミニアムの供給がわずかに上昇 カンボジア[経済]
(01日)
経済
不動産学校の設立に向けマレーシアの大学と覚書を締結 カンボジア[経済]
(01日)
経済
中国製スマートフォンMeizu Pro 7 カムフォンから販売開始[経済]
(08月30日)
あわせて読みたい
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース