カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年5月2日
  • カンボジアニュース

プノンペン北部に32階建てのスカイツリー・コンドミニアム・プロジェクト[経済]

news_20160502-realestate_mini
(c)realestate.com.kh

 J&Lプロパティ・ディベロップメント社 (J&L Property Development Co., Ltd.=J&L)が、プノンペン北部のルッセイケオ区に2億5000万ドルを投資して32階建てのスカイツリー・コンドミニアム・プロジェクトを始動することを発表した。

 同社はカンボジアで20年以上の実績があり、このプロジェクトのために戦略的パートナーとして中国系建設企業のMCC(Cambodia)社と協業する。また、ビルデザインはシンガポール人が手掛けると言う。完成引き渡しは2019年となる予定だ。

 「1室の購入価格は8万9440ドルからで、最低でも賃貸利回りが3年で18%以上になる見込みだ」とJ&Lの営業担当者はクメールタイムズ紙に語った。さらに「ルセイケオ地区の地価は控えめに見えても年間で6%上がる見込みであり、賃貸収入と建物評価額を合わせれば、6年後は最低でも50%の利益が出るだろう」と語った。

関連記事
経済
中国企業 シハヌークビルに数十億ドルを投資 カンボジア[経済]
(15日)
経済
今後の不動産部門の信用に懸念 カンボジア[経済]
(13日)
政治
環境に優しい住居の建設を求める カンボジア[政治]
(12日)
法律
日本政府 建設労働者の安全性向上に協力 カンボジア[法律]
(01日)
経済
住宅建築 需要沸騰 カンボジア[経済]
(09月29日)
観光
プレアシアヌーク州に新たなビーチ建設へ カンボジア [観光]
(09月25日)
あわせて読みたい
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース