カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年4月14日
  • カンボジアニュース

GTIの第4四半期の利益大幅下落の原因は会計ミスと説明[経済]

news_20160414
(c)Phnom Penh Post

 台湾の衣料品メーカー、グランドツインズインターナショナル(GTI)は、第4四半期に利益の450%下落という驚異的な数字だったことについて、2015年財務報告書の第2四半期の会計ミスが影響していたことを同社幹部が明らかにした。

 同社のCFOヘンリー・チャン氏は、歳入が下落したにも関わらず、年初めの同時期と比較すると124%増、第2四半期で360万ドルの利益が出ていたとカンボジア証券取引所に報告していた。

 4月4日に発表された2015年の年次報告書では、税引き後利益を1億ドル調整すると、昨年に比べて70%の純利益減だったと発表した。報告書ではその要因について、労働者の平均賃金の上昇、原料価格の上昇、印刷や刺繍コストの増加、および平均販売価格の低下と4つを挙げている。しかし昨年の930万ドルから940万ドルと増加していたのは人件費だけだった。

関連記事
経済
カンボジア縫製業界 短期雇用契約の削減に向け大臣令承認の見込み[労働]
(12月18日)
経済
カンボジアでの新規工場設立数 前年度7.5%増[経済]
(12月14日)
労働
タケオ州の縫製工場で100人以上の大量失神[労働]
(12月08日)
経済
衣料品がカンボジアの輸出増加を促進[経済]
(11月07日)
経済
カンボジアの縫製業の輸出成長鈍化へ 最低賃金の引上げが課題[経済]
(10月31日)
労働
フン・セン首相 最低賃金の過度な引き上げ要求を控えるよう労働者に警告[労働]
(09月29日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(3/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
業界
正しい知識を持った専門家に意見を聞くことが大事[法務・税務・会計] 坂本征大
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース