カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年4月11日
  • カンボジアニュース

細分化された物流業界を揺るがす、ワールドブリッジの買収戦略[経済]

news_201604112
(c)Phnom Penh Post

 ワールドブリッジ・インターナショナル・グループは、サプライチェーン業界での地位を堅固にするため、競合企業を自社ネットワークに組込み、多くの子会社を敷設しながら、物流業界をまとめるため様々な企業と手を結ぼうとしている。

 4月10日には、食品飲料を扱う大手代理店の一つ、アウスクメール輸出入株式会社の過半数の株式を取得し、顧客である5つ星ホテルやレストラン、スーパーマーケットへのサービス提供及び開発に1000万ドルを投じると発表した。

 買収の多くは、香港の上場企業ケリー・ロジスティクス・ネットワーク株式会社との合弁会社、ケリー・ワールドブリッジ物流株式会社が行っている。

 2015年2月にはカンボジア・エクスプレス・グループのドア・ツー・ドア・ロジスティクスの過半数の株式を取得し、最近では国営郵便局との間で、郵便局の利用者数増加と速達サービス(EMS)の範囲拡大のため、1700万ドルの投資を行う覚書を締結した。

 ケリー・ワールドブリッジは、プノンペンのすぐ南に位置するカンダール州を物流拠点として、独自の経済特区建設のため1億ドルを投資し、今年後半に営業を開始する予定である。

 プノンペンポスト紙によると、シーア・リッティ閣下は、地元企業はサプライチェーンの市場や価値をまだ理解していないが、私にとっては物流が将来を作る道であり、カンボジアの物流業界の地位を確固たるものにするため、ここ数年で7000万ドルから1億2900万ドル投資していると述べている。

 現在600以上の物流企業により市場や品物が散乱しており、この統合は細分化された物流業界を揺るがすと、競合の物流会社のRDLロジスティクスのマネージャーは語っている。

 ワールドブリッジの積極的な市場参入について、BNG法律事務所のパートナージョセフ・ラヴェル氏は、カンボジアの市場の小ささと企業数の多さから、企業の爆発的成長には統合が賢明かつ不可避であり、買収により迅速で安価に拡大出来るだろうと語った。

関連記事
経済
郵政公社のカンボジアポスト 民間部門と提携し電子商取引の会社を設立[経済]
(09日)
社会
プノンペン都知事 主要道路における大型トラックの使用を禁止[社会]
(09月06日)
経済
ローカル企業に対しインダストリー4.0の使用が促進される[経済]
(08月30日)
経済
DHL 約8090万ドルの投資でメコン川流域における拡大を図る[経済]
(08月25日)
日系
シアヌークビル自治港 日本からの融資により拡張工事へ[日系]
(08月23日)
経済
ワールドブリッジグループ 中国企業と公共インフラの共同開発へ[経済]
(08月04日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
業界
想像以上にカンボジア市場の可能性、面白さ、やりがいを感じた[飲食]小池聡
業界
2、3年住む方には、ぜひ我々の引越しサービスをご利用頂きたい[運輸・物流]ポール・グルー (4/4)
業界
良い病院や学校ができたことで家族での移住が進んでいる[運輸・物流]ポール・グルー (3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース