カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年3月22日
  • カンボジアニュース

リエル通貨の利用促進はカンボジア経済の発展に非常に重要[経済]

news_20160323_mini
(c)Khmer Times

 マイクロファイナンス機関(MFI)、プリンス・ファイナンスのマネージングディレクター、ホン・ソラチャナ氏は、カンボジア中央銀行(NBC)によるリエル通貨の促進支援のため、全ての取引、手数料、ローンやスタッフの給与に自国通貨を使用すると先週の記者会見で語った。

 ソラチャナ氏は、リエル通貨の利用促進はカンボジアの経済発展だけでなく、アイデンティティを守るためにも重要だと述べ、MFIはもちろん顧客に利益をもたらすと述べた。

 カンボジア中央銀行は先週、自国通貨の活用が経済成長を押し上げると、リエル再開36周年を記念したフォーラムを開催した。最新のデータによると、ドル取引はカンボジアの総金融取引の約83%を占めている。

 NBC副総裁のネウ・チャンタナ氏は、自国通貨はカンボジアのアイデンティティを表し、経済・社会の発展のため非常に重要であり、より低い金利での金融政策が投資と雇用創出にプラスの影響を及ぼすと話す。また、リエルの活用はマクロ経済の安定維持を目的とした金融政策と為替レート政策の有効性を上げると共に、経済発展と貧困削減に繋がる。そして、通貨が1つになることで取引コストや為替リスクの削減ができ、取引を効率的かつ便利にしていくとも話した。

 カンボジア経済は1990年代初めに国連暫定当局の到着後ドル化し、1993年には経済取引の約36%を占めた。2003年には70%に跳ね上がりそれ以来増加を続けている。

関連記事
経済
初の社債発行のハッタカクセカー 機関投資家により全ての社債購入される カンボジア[経済]
(16日)
経済
地方の中小企業への融資を拡大 カンボジア[経済]
(04日)
経済
世界的ブランド企業 カンボジア投資拡大に関心 [経済]
(10月13日)
経済
今後の不動産部門の信用に懸念 カンボジア[経済]
(10月13日)
経済
カンボジア国立銀行と国際通貨基金が議論 カンボジア[経済]
(09月23日)
経済
カンボジア国立銀行 新しい金融リテラシーキャンペーンを発表 カンボジア[経済]
(09月19日)
あわせて読みたい
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース