カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年3月9日
  • カンボジアニュース

プノンペン港湾公社、需要の急激な増加に伴い貨物港拡張計画の前倒しを発表[経済]

news_20160309
(c)Phnom Penh Post

プノンペンポスト紙によると、貨物船交通量の急激な増加に伴い、プノンペン近くの貨物港拡張計画を前倒しするとプノンペン自治港(Phnom Penh Autonomous Port ‐PPAP)局長のヘイ・バビー氏が発表した。

この開発計画は1200万USD規模で行われ、プノンペンより30㎞南のカンダール地方に位置する貨物港LM17の年間収容量の倍増を目的としている。LM17では14万5000TEUsの荷受けをした2015年に引き続き、2016年には16万TEUsを上回ることが予想される。これは年間15万TEUsの許容量を超えるとし、2015年に拡張計画が開始、完成は2017年を目途にしている。

バビー氏は、既に自分達での資金調達を行っており、他の資金源は必要ないと話す。同社は2015年12月、カンボジア証券取引所への新規株式公開(IPO)にて520万USDを調達しており、2015年の収益1500万USDのうち一部を貨物港の拡張計画に当てるとした。

港湾運送業者によると、貨物船交通量は年10~20%の急成長をしており、今は第3段階を見越し、2028年にはLM17収容量を50万TEUsまで引き上げるという。この新計画はプノンペン港湾公社の西側10ヘクタールでの桟橋やコンテナヤードの開発を想定している。これについてバビー氏は、3000万USDの資金調達は、2020年頃ソフトローンと株式追加売出によって行うと話した。

プノンペン港湾公社は、カンボジアで2番目に大きい港湾運送業者であり、証券取引所に3番目に名前を連ねる。20%が浮遊株であり、3月7日時点で同社の株式は5460リエルで取引され、時価総額は約2800万USDとなっている。

関連記事
経済
カンボジア証券取引所 社債の発行を承認 カンボジア[経済]
(21日)
政治
新たに2つの州が承認される カンボジア[政治]
(01日)
経済
ワードブリッジが国連機関とパートナーシップを提携 カンボジア[経済]
(08月21日)
経済
カンボジア貨物運送業者 電子取引の受け入れを計画[経済]
(08月21日)
経済
プノンペン自治港とシアヌークビル自治港が顕著な成長[経済]
(08月18日)
経済
アクレダ証券 カンボジア証券取引所の取引口座数トップに[経済]
(08月13日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース