カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年6月19日
  • カンボジアニュース

カンボジア・タクマウ市の土地価格、上昇の見込み[経済]

 不動産エージェントらによればカンボジアでは今後、カンダル州の州都タクマウ市の土地需要が高まる見込みがあるという。クメールタイムズ紙が報じた。

 不動産会社フォーカスプロパティのCEOによれば、タクマウ市の商業用地の価格は昨年同時期に比べ5%上昇しており、1平方メートルあたり500~1000ドルとなっている。住宅用地は人口規模が小さく需要も少ないため、1平方メートル50~500ドルと安定的に推移している。

 センチュリー21メコンCEOのチレク・ソクニム氏は、「現在タクマウ市では、市の開発が始まりつつあることで商業用地・住宅用地ともに若干の価格上昇が見られる。さらなる価格上昇には市内以外でも不動産物件の増加が必要なので、時間がかかるだろう」と話す。

 不動産会社タウンリアルエステートのヴァン・チャントーン氏によれば、プノンペンのほとんどが開発着手予定である一方で、南方エリアの不動産セクターは急激に成長している。「タクマウ市成長の理由は、プノンペンに隣接していることと、政府が市郊外の道路を拡張したこと」と同氏は分析する。

 現時点でタクマウ市最大の開発プロジェクトはリバーサイドの1万4563平方メートルのツインタワーで、他にも商業施設・商業ビル・ショッピングモール等を含む予定だ。

関連記事
経済
人気が高まるトゥールコークエリア 第2のボンケンコンになるか[経済]
(13日)
経済
センチュリー21カンボジア 地方にもサービス展開へ[経済]
(05日)
経済
シャムリアップ州最大のショッピングモールが建設[経済]
(10月30日)
経済
建設投資額 昨年同時期より22%増加と力強い成長を見せる[経済]
(10月23日)
経済
不動産業界 プノンペンとシアヌークビルを中心に活況を呈す[経済]
(10月12日)
経済
シアヌークビル 不動産価値の上昇は続くがバブルの可能性も指摘[経済]
(10月02日)
あわせて読みたい
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース