カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2014年10月11日
  • カンボジアニュース

カンボジアで2番目の大型ショッピングモール、2015年にオープン予定[経済]

 国営通信社AKPは、マレーシア資本のパークソン社(Parkson Holdings Bhd)が、国際基準の商業施設「パークソン・プノンペン」を建設中で2015年末にオープンの予定だと伝えた。

 パークソンはカンボジアにとって2番目の国際基準のショッピングモールとなる予定で、この事業はハッソン・カンボジア社(Hassan (Cambodia) Development Co. Ltd. (HCD))とCBRE社の合弁事業である。

 予定されているショッピングモールは7階建てで、当初はプノンペン国際空港前に建設を予定していたが、その後同じロシア通り沿いの国防省前に予定地を移した。

 パークソン・プノンペンでは、服飾、玩具、ボーリング場、ジム、カラオケ、サウナ、書店、薬局など、海外での人気商品やサービスが提供される予定だ。
tt_logo
本記事は転載の許諾を得て掲載しております。

関連記事
統計
カンボジアの免税品小売市場の拡大を予測[統計]
(11月20日)
経済
米国小売大手のウォルマート カンボジア製品の購入を強化[経済]
(11月09日)
経済
インド企業 カンボジアへの医療品輸出を強化[経済]
(10月18日)
経済
カンボジア 新車に比べ、依然として輸入中古車が人気[経済]
(10月17日)
経済
米系大手デニムブランドの大型路面店 シェムリアップにオープン[経済]
(10月10日)
経済
シェムリアップ 来年の総選挙では不動産取引の停滞が懸念される[経済]
(09月20日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
業界
カンボジアに日系初のコンドミニアムプロジェクト[建設・内装]約仕知宏
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース