カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 統計
  • 2014年7月30日
  • カンボジアニュース

カンボジア租税総局は2014年の6か月間で5.32億米ドルを収税[統計]

 租税総局のコン・ヴィボル局長によると租税総局は2014年の1月から6月までの6ヶ月間で5.32億米ドルの税金を収税した。

 コン・ヴィボル局長は、国民議会の経済金融銀行監査委員会のチャム・ジャプ議員にレポートを提出する際、2014年の1月から6月までの収税に関して次の様に説明した。「カンボジアが2014年の1月から6月までの6ヶ月間の収税した税金は5.32億米ドルであり、昨年の同時期の収税額を比べて13.5%増 額した。2014年の収税計画は約9.93億米ドルを計画しているが、この6ヶ月間で収税した税金は5.32億米ドルであり、計画した収税額の54%になった」。

 租税総局のレポートによると2013年の収税額は9.01億米ドルであった。
tt_logo
本記事は転載の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
VATの税収 1~9月期の税収増加に貢献 カンボジア[経済]
(10月13日)
社会
カンボジア政府 メディアに続きNGO組織に対しても納税を要求[社会]
(08月16日)
経済
カンボジア―タイ 二重課税協定にスピードアップ[経済]
(07月23日)
経済
カンボジア縫製業界 次回の官民会議で税務問題を提起[経済]
(07月10日)
経済
金融機関への付加価値税の適用 遅らせる方針 租税総局[経済]
(07月10日)
経済
国際貿易における税金・関税のため 単一窓口サービスを開始[経済]
(06月21日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
注目
21日水曜日、欧州商工会議所がタックス・フォーラムを開催
業界
税制に関する知識を備え、想定することが大切 [法務・税務・会計] 菊島陽子
統計の最新ニュースランキング
最新ニュース