カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2019年7月2日
  • カンボジアニュース

アンコール遺跡群のチケット売上、今年上半期は減少 カンボジア[観光]

news_201907021
(c)Khmer Times

 切符販売を担当する会社であるアンコール・エンタープライズによると、アンコール遺跡群の観光チケットの販売収入は、2019年上半期で5570万ドルに達し、対前年同期比で9%減少した。クメールタイムズ紙が報じた。

 また、販売数は約124万4000人と8%減少しており、観光当局の責任者は、「減少の要因を分析し、よりサービスの質を強化していきたい」と述べた。

 売上高の減少の原因について、カンボジア旅行代理店協会会長は、「中国からの航空機の運行便数が減少したことが影響している。一方でシアヌークビルなどの沿岸地域は便数が増加しており、中国人観光客が増加している」と述べた。

 シェムリアップでは外国人観光客の国籍別では中国が一番多く、今年上半期には54万人の中国人が訪れているという。

観光の最新ニュースランキング
最新ニュース