カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2019年1月6日
  • カンボジアニュース

マカオのカジノ運営会社 アンコールワット近郊で土地購入[観光]

news_201901061
(c)Macau Daily Times

 マカオを拠点としているカジノ運営会社、マカオレジェンド社は、カンボジアに総合リゾートを開発するため、観光地であるシェムリアップに1200ヘクタールの土地を購入した。マカオデイリータイムス紙が報じた。

 同社は、「カジノ産業がシェムリアップの観光産業に加われば、利益を享受できるだろう」と述べた。

 カンボジアにはすでに60以上の公認カジノがあるが、シェムリアップではギャンブルは許可されていない。

 同社は、マカオでバビロンカジノとレジェンドパレスカジノ、ラオスのサバンレジェンドリゾートを運営している。

関連記事
観光
マレーシア政府主導の観光キャンペーン、空振りか カンボジア[観光]
(07月28日)
経済
カジノ再開により、中国人の回帰に向けた準備が進む カンボジア[経済]
(07月07日)
労働
観光業は4万5000人以上の労働者が失業 カンボジア[労働]
(07月06日)
経済
デリバリーサービスが好調 カンボジア[経済]
(04月10日)
観光
プノンペンの旅客者数、10年ぶりにシェムリアップを上回る[観光]
(04月07日)
経済
中国人が去った余波 カンボジア・シアヌークビル[経済]
(03月05日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(1/2)
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(2/2)
特集
トップインタビュー Himawari Hotel アンドリュー・テイ(1/2)
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース