カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2019年1月6日
  • カンボジアニュース

マカオのカジノ運営会社 アンコールワット近郊で土地購入[観光]

news_201901061
(c)Macau Daily Times

 マカオを拠点としているカジノ運営会社、マカオレジェンド社は、カンボジアに総合リゾートを開発するため、観光地であるシェムリアップに1200ヘクタールの土地を購入した。マカオデイリータイムス紙が報じた。

 同社は、「カジノ産業がシェムリアップの観光産業に加われば、利益を享受できるだろう」と述べた。

 カンボジアにはすでに60以上の公認カジノがあるが、シェムリアップではギャンブルは許可されていない。

 同社は、マカオでバビロンカジノとレジェンドパレスカジノ、ラオスのサバンレジェンドリゾートを運営している。

関連記事
経済
シアヌークビル、オンラインカジノの禁止により地価が短期的に下がる見込み[経済]
(13日)
社会
オンラインカジノや特定職種の自営禁止に伴い数万人の中国人がカンボジアを退去[社会]
(11日)
経済
ポイペトのカジノ運営会社、法的紛争に起因し金銭的損失[経済]
(10日)
観光
外国人観光客数、シェムリアップで減少・国全体で増加 カンボジア[観光]
(04日)
観光
カンボジア・アンコール航空、10月にベトナム・ダナンに直行便[観光]
(08月27日)
経済
カンボジアのオンラインカジノなどの禁止司令を中国政府が支持[政治]
(08月22日)
あわせて読みたい
特集
トップインタビュー Himawari Hotel アンドリュー・テイ(1/2)
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
カンボジアのシリコンバレー
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース