カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2018年6月23日
  • カンボジアニュース

観光業界の専門家たちによるASEAN会議が終了 カンボジア[観光]

news_201806232
(c)Khmer Times

 プノンペンで開催された、ASEAN加盟国による観光プロフェッショナル向け相互承認に関する2回目の会議は21日、デジタル時代の労働市場の需要に沿った教育訓練プログラムの創出に同意した形で幕を閉じた。クメールタイムズ紙が報じた。

 観光プロフェッショナル向けの相互承認協定(MRA-TP)は、ASEAN地域の認定観光客の移動を促進することを主な目的に、ASEAN経済共同体の設立を支援する主要イニシアチブとして2009年に採択されている。

 この会議は、質の高い研修プログラムの提供における課題や、ASEAN MRA-TPおよびその他の法的枠組み、ASEAN資格の認定、観光産業の従業する労働者の訓練などをテーマに、教育機関、観光の専門家、開発パートナー、ASEAN域内の民間企業が参加した。

 カンボジア観光省タオン・コン大臣は、「急速な技術進歩は、チャレンジだけでなくチャンスを作り出しており、ASEAN加盟国はデジタル時代に備え、適切なスキルに重点を置いた教育訓練プログラムを生み出す必要がある」と述べた。

 2017年、ASEAN諸国は1億2500万人の観光客を迎え、前年比6.5パーセントの増加となり、観光業界は、ASEANのGDPの12パーセントに相当する930億ドルの収益を上げている。

観光の最新ニュースランキング
最新ニュース