カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2018年5月21日
  • カンボジアニュース

観光省 ホスピタリティ向上のため、主要国際玄関口にQRコードを設置[観光]

news_201805213
(c)Khmer Times

 観光省は5月20日、カンボジアの主要な国際玄関口にQRコードを設置し、来場者がサービスの質を評価できるようにした。クメールタイムズ紙が報じた。

 QRコードは、プノンペン、シェムリアップ、シアヌークビルの国際空港と、バベット、ポイペトの国境口に設置され、製品追跡、品目識別、時間追跡、文書管理、およびマーケティングの役割を果たすことが期待されている。

 国家クリーンシティ評価委員会の事務総長は、「QRコードは、国際玄関口のホスピタリティサービス向上に役立つ。正確な評価を取るため、簡単な方法で提供する」と述べた。

 カンボジアは、今年第1四半期で170万人以上の観光客を受入れており、昨年同期比14%の増加となった。

観光の最新ニュースランキング
最新ニュース