カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2018年5月12日
  • カンボジアニュース

沿岸地域にてビーチを分類するエコラベル・プログラム始動[観光]

news_201805121
(c)Khmer Times

 カンボジア政府は今年、観光客をより多くの海岸沿い地域に呼び込むために、同国のビーチを分類するためのエコラベル・プログラムを開始した。クメールタイムズ紙が報じた。

 観光省タオン・コン大臣は月曜日、「保全ビーチ、エコビーチ、高級ビーチ、人気レジャービーチ、ローカルビーチの5つのカテゴリーを確立した」と述べた。同氏は続いて、「このプログラムは4つの沿岸地域での観光を促進する一方、環境を保護することを目指している」と語った。

 カンボジア国家観光連盟のホー・バンディ事務総長は、「エコラベル・プログラムは観光客が訪れたいビーチを決める手助けとなり、裕福な観光客を呼び込むかもしれない。観光客がたくさんのお金を費やすので、政府は彼らをターゲットに観光業を展開してもらいたい。このプログラムはまさにそれを助けるだろう」と語った。

 昨年、カンボジアは560万人の観光客を迎えたが、2018年は610万人、2025年には1000万人になる見込みだ。

観光の最新ニュースランキング
最新ニュース