カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2017年5月6日
  • カンボジアニュース

6000人乗っても大丈夫 アンコールワット修復に浮遊橋を使用[観光]

news_201705063
(c)Khmer Times

 アンコールワットにかかる西参道の橋が修復されている間、代わりの橋として浮遊橋が使用される予定だ。クメールタイムズ紙が報じた。

 アンコール遺跡群を保護・開を負うアプサラ機構は、元々の橋(Spean Harl)は、橋の修復準備ができ次第、閉鎖するとした。

 広報担当者は、「この一時的な橋は、一度に400トン以上、およそ6400人が乗っても支えることができる」と述べており、浮遊橋はプラスチック製のエアバッグで作られており、3年以内には再開されるとされているSpean Harl橋の南側に位置する。

 アンコールワットの西側に元々位置するSpean Harl橋の長さは約190メートル。第一段階の修復は、アプサラ機構と上智大学により約90メートルのセクションに12年間を要して、2009年に完成した。5月、アプサラ機構と上智大学は契約書に署名し、第二段階の修復のための起工式を行い、橋の残り100メートルをおよそ160万ドルで修理する見込みだ。

関連記事
観光
カンボジアへの外国人観光客の増加 今年上半期で約300万人[観光]
(07月31日)
経済
シェムリアップの新空港 選挙後に着工開始 カンボジア[経済]
(07月18日)
観光
アンコールワットの入場チケット収入 今年上半期18%増加[観光]
(07月02日)
観光
カンボジア政府 観光産業におけるサービス料金を規制[観光]
(06月19日)
観光
ASEAN加盟国による観光プロフェッショナル向け相互承認に関する会議開催 カンボジア[観光]
(06月15日)
経済
タイのコメ製品のパッケージにアンコールワット寺院を無許可で使用[経済]
(06月14日)
あわせて読みたい
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
カンボジア人の声 イルヴリール コム・チャンティア
特集
カンボジア人の声 マダムサチコ・アンコールクッキー リー・ミニア
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース