カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2017年3月25日
  • カンボジアニュース

5つ星ホテル ハイアット・リージェンシー 着工式をプノンペンで開催[観光]

news_201703252(c)Khmer Times

 ハイアット・リージェンシーは3月22日、2020年プノンペンにオープンする5つ星ホテルの着工に際し、記念式典を開催した。クメールタイムズ紙が報じた。

 式典では、チップモングループの社長で、ハイアット・リージェンシー・ホテルプノンペンのオーナーでもあるリアン・クン氏が、「同ホテルが観光客や投資家、ビジネスマンを惹き付けることはもちろん、国内経済を押し上げると確信している。設計や管理は、世界的なハイアットブランドの国際基準に準拠している」と話した。

 ホテルは250室。フィットネスセンターやスパ、ルーフトッププール、バーも併設しており、結婚式や宴会、展示会や会議など様々なイベントに適した場所となる。また王宮やメコン川、トンレサップ川の景色も望めるという。



 シカゴに本社を置くハイアット・ホテルズ・コーポレーションは、12のプレミアブランドを持ち、54ヶ国、667の運営物件を持つ世界有数のホスピタリティ企業で、昨年9月、カンボジアのチップモングループとの経営契約の締結を発表している。

 国土整備・都市化・建設省チア・ソパーラー大臣は、「1億ドル規模の5つ星ホテルの建設は、国際投資におけるカンボジアの信頼性を示し、経済発展と雇用創出に向けて新たな成果を上げるだろう」と語る。

 カンボジア国家観光連盟の事務局長ホー・バンディ氏は、「ハイアットはカンボジアの政治的、財政的安定を確信したのだろう。我々にとって、観光サービスの質を強化する素晴らしい機会だ」と述べた。

 国土整備・都市化・建設省によると、カンボジアには2016年時点で647軒のホテルがあり、うち5つ星ホテルは21軒だという。

観光の最新ニュースランキング
最新ニュース