カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2016年5月13日
  • カンボジアニュース

地元観光業界、アンコール航空のシアヌークビル-ホーチミン間の直行便を歓迎[観光]

news_20160513_mini
(c)Phnom Penh Post

 シアヌークビルの観光業界は、6月17日開始のカンボジア・アンコール航空によるシアヌークビル-ホーチミン間の直行便を歓迎している。

 プノンペンポスト紙によると、シアヌークビル観光協会、ダグラス・マッコール副会長は、「ホテル占有率の増加は確実だが、フライト数に応じた開発が重要であると述べ、観光客の多くは中国からであり、昆明に続く中国からの追加便がさらに重要だ」と話す。

 クイーンコホテル&カジノのゼネラルマネージャー、アーロン・ジニ氏は、「直行便がバンコクに先立ってホーチミンと結ばれたのには意味があり、ベトナム人やホーチミンで乗継ぐ中国人観光客の来訪を促す」と話し、タイには有名なビーチリゾートがあるためカンボジアを訪れるメリットは少ないと指摘する。

 シアヌークビル州の観光部門ディレクター、ノウ・ソファル氏は、「シアヌークビルの観光客数は、今年1~3月間で13.7%増加したものの、ベトナムからの訪問者数は減少しており、直行便に期待する」と述べた。

 同部門の統計によると、今年第1四半期のシアヌークビル観光客の国籍別トップ3は、中国、ロシア、ドイツで、ベトナムは4位の1万1200人。同氏は、「直行便はベトナム人観光客の増加に留まらず、国際的な旅行者に新たな観光ルートを提供するものだ」と話す。

関連記事
観光
カンボジア・アンコール航空、10月にベトナム・ダナンに直行便[観光]
(08月27日)
経済
プノンペンとミャンマーの首都ヤンゴンとの直行便がまもなく就航[経済]
(08月09日)
観光
青島航空がシアヌークビルとの直行便を就航 カンボジア[観光]
(07月25日)
観光
インドLCCがニューデリーとプノンペンの直行便を今年後半に運行[観光]
(07月23日)
観光
タオン・コン観光大臣、ゼロドル観光の企業を非難[観光]
(07月16日)
観光
インドネシア・ジャカルタからの初の直行便がプノンペンに着陸[観光]
(06月24日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
業界
直行便は、時間の節約が大事な日本人投資家やビジネスマンの方々にとって有益
業界
大事なことは、業界問わず共に市場拡大を目指して都市を盛り上げること[観光・飲食] ノエル・フーラー (2/2)
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース