カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2016年9月4日

チャンスのあることには挑戦し、勝負したい[不動産]上田 武範 (2/2)

不動産

タマホームカンボジア TamaHome Cambodia
マネージングディレクター Managing Director: 上田 武範 Ueda Takenori
サービスアパートメント「TAMASA」とプノンペンタワーの22階のレストランバー&ホテル「Tama Hotel Phnom Penh Tower (D22/H22)」を手掛けるタマホームカンボジア。赴任以来、チャンスに対して果敢に挑んできた上田武範氏に、市場知識に裏づけされた今後の戦略について伺った。(取材日/2016年4月)
日本人の利用が増えてきている

前回の続き
―――サービスアパートメント・TAMASAの近況を教えてください。

上田武範(以下、上田) 皆様のおかげで長期滞在の方でほぼ埋まるようになってまいりました。以前のご契約者様に媒体の影響がどれくらいかわかりかねますが、広告の効果や口コミもあると思います。今までは日本の方々からのご利用は多くなかったと感じておりますが、今は増えてきています。また、ご契約者様には、中国人、韓国人、タイ人、フィリピン人などアジア系のマネージャークラスが多いです。競合は強いてあげるなら、TAMASAから200mほどのところにある中国系のホテル・アパートでしょうか。TAMASAよりも広くて、価格が安いことが特徴です。

まだまだサービスアパートやホテル等の需要もある

―――ところで、タマホームといえば戸建を思い浮かべる日本人が多いかと思いますが、いままでなぜカンボジアで住宅を手がけなかったのでしょうか

上田 進出当時は、住宅はまだ時期尚早という判断でした。なので、最初は、駐在員や外国人、そして中間層以上のカンボジア人に的を絞ったビジネスとして、サービスアパート、ホテルをはじめました。時期が来たらそれらではなく住宅にシフトしていこうという考えでしたが、まだまだサービスアパートやホテル等の需要もあるので検討しています。それは必ずしもプノンペンにということではなく、シェムリアップ、ポイペト、バベッド等でも検討しています。

―――株主からのカンボジアについての評判はいかがでしょうか

上田 ハワイのコンドミニアム案件の方が関心が高いと感じています。ようやく、Tama Hotel、TAMASAの運営をスタッフに任せる事が出来るようになってきたため、これから住宅開発にとりかかる準備をはじめたところです。これから住宅開発にとりかかることができるので、もっと注目してもらいたいと思います。

満を持して本業始動

―――それでは最後に今年の経営戦略についてお伺いしたいのですが

上田 いよいよ本業の住宅分野に進出したいと思っています。私自身、ここでチャンスがあることには挑戦していいよと言われてきていますので勝負したいですね。

 日本の本業は注文住宅が基本ですが、カンボジアではまだ注文住宅は難しいと考えています。土地を購入して住宅街を造って販売する分譲型でやっていきたいと考えています。

―――カンボジアではどの層を狙っていくのでしょうか。

上田 日本でタマホームは今まで家が買えなかった人が買える社会にしたいということで、年収300万円台でも買える家を提供しています。カンボジアでは少し高めの層を想定しています。中間層から富裕層の間くらいの月1500ドル以上を稼いでいる人をターゲットにしたいと思っています。7万ドルから最大15万ドルくらいで買えるものを目指します。

 また、日本の次世代住宅のようにハイスペックにしていきたいです。特に最近できた住宅やコンドミニアムでも設備が乏しかったりしているので、そういうところをどんどん提案してきたいです。またソーラーパネルもいいですね。日射量が日本の1.5倍程あるし、発電効率がいいので、電気代の高いカンボジアの人たちに喜んでもらえると思うんです。(取材日/2016年4月)


タマホームカンボジア TamaHome Cambodia
事業内容:不動産業、宿泊業、飲食業
URL: http://tamahomecambodia.jp/
関連記事
経済
カンボジア経済 予想を上回る成長の兆し アジア開発銀行[経済]
(10日)
経済
コンドミニアムのタイムシェア カンボジア・シアヌークビルで大規模プロジェクト[経済]
(03月20日)
経済
カンボジア南沿岸部 不動産開発会社にとっての鍵となるか[経済]
(03月07日)
経済
韓国の預金保険公社 不良資産回収のための支店をプノンペンに開設[経済]
(03月06日)
経済
戸建て住宅が過剰供給状態 プノンペン[経済]
(03月04日)
経済
オリンピアシティ 階数を減らす計画を発表 カンボジアの不動産[経済]
(02月14日)
あわせて読みたい
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3

その他の「不動産」の業界インタビュー

人気記事ランキング