カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2015年7月9日

とにかく良いものを作ることだけを考えた。クメール24[メディア]ティ・ラディー

マーケティング・メディア

クメール24 Khmer24
ゼネラルマネージャー: ティ・ラディー Ty Rady
1日30万プレビューがあるカンボジアで最大規模のクラシファイドサイト、「Khmer24」。そのクメール24のゼネラル・マネージャーのティ・ラディー氏にクメール24の改善点や展望について伺った。
若者は新しいテクノロジーを理解したがっている

――この1年でなに変化はありましたか

ティ・ラディー(以下、ティ) 結構かわりましたよ。クメール24は、ビジュアルをグローバルスタンダードなデザインに変更しましたし、スマホの最適化も行いました。クメール語と英語の2言語化もしました。今後は言語を増やしていく予定です。

――以前、スマホ最適化はカンボジア人にとって難しいとおっしゃていましたが

ティ そうですね。カンボジア人のITリテラシーは低いと。スマートフォンに最適化することでユーザーインターフェースが変わるので、PCサイトとスマートフォンのサイトの構成が違えば、混乱して使い方がわからなくなってしまうと以前のインタビューで答えました。私は大学教授をしているので学生たちを観察していると、それに変化が起きていると感じます。一部のカンボジア人は依然としてスマホの最適化が逆効果になっていますが、徐々についてこれる人は増やしていくという行動も必要かと思いました。若者は新しいテクノロジーを理解したがっていると感じますし。古い人はわかりたがらないですけどね(笑)

プロフェッショナルでグレードの高いものを求められつつある

――広告バナーが無くなって見やすくなりましたね

ティ いやいや、トップページを変えただけですよ。でも、以前は広告バナーだらけでしたけど、現在はバナーが少なくなっています。前のスタイルは、カンボジアンスタイルでした(笑)。今はアセアン経済統合を目前に控えて、もっとプロフェッショナルでグレードの高いものが利用者から求められてる。カンボジアもそういう時代になったんだと思います。また、日本語も中国語も対応していきたいと思っています。その時は翻訳作業を手伝ってくださいね。

――在住日本人は少ないのに日本語対応もしてくれるんですか

ティ 日本人は我々にとっては良い利用者ですが、人数は少ないですね。でも大丈夫ですよ、翻訳するだけだから。クメール24は車の売買なら掲載してから5分後にはレスあるくらい人気ですよ。

――でも、すごい有名だし、クライアントも大勢いらっしゃいますよね

ティ クメール24は、外国人の友達からこんなサイトは見たことない!と言ってますよ。バナーだらけだと(笑)本当はこんなバナー入れたくないんですけど、仕方が無いんです。

お金を稼ぐことを考えちゃいけない

――スマホの方には広告バナーはいれないんでしょうか

ティ いれないですね。クメール24をもっとポピュラーにしたいからです。まだお金は考えていません。私はよく言っていますが、お金を稼ぐことにフォーカスすると失敗すると思っています。お金を使うことにフォーカスすると成功する。だから今は全部フリーです。そのため、スマホの方はプロフェッショナルに見えますし、デザインもシステムもしっかりしています。

――プロモートについてお聞きします。フェイスブックのいいね!が集客に結びつかないと聞きますがどう思われますか


ティ いいね!は簡単ですけど、記事には反映されなくなっていますね。ですから今後は記事そのものに広告をかけないとだめでしょうね。昔は良かったですが、今はリーチしない。90%のユーザーはダイレクトに24にきています。我々の場合はフェイスブックのいいね!に頼らず、ブランドをひろめるだけです。フェイスブックはセールスじゃなくて、知らせるためのものです。そもそもフェイスブックで集客はできないものなんですよ。集客はクメール24やクーポンキングなどを使った方が良いです。

――クメール24はどのようにプロモートしましたか

ティ ラッキーなことにそんなに苦労しなかったです。とにかく良いものを作ることだけを考えました。そしたら結果がでてきて支持されました。ですので、お金を稼ぐことを考えちゃいけないんですよ。2008年にスタートして、お金をかけないプロモートはたくさんしました。3年くらいでようやくお金になってきました。続けることも大事ですね。


クメール24 Khmer24
事業内容:クメール語クラシファイドサイトの運営
URL: http://www.khmer24.com

その他の「マーケティング・メディア」の業界インタビュー

人気記事ランキング