カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2015年3月21日

カンボジアに日系初のコンドミニアムプロジェクト[建設・内装]約仕知宏

不動産

クリード・アジア(カンボジア) Creed Asia (Cambodia) Co.,Ltd.
バイスプレジデント: 約仕 知宏 Yakushi Tomohiro
日系初のコンドミニアムプロジェクト「ボダイジュ・レジデンス」を発表したクリード。現在コンドミニアムのオーバーサプライだと言われるカンボジアでどのような需要を狙ったのか。バイスプレジデントの約仕知宏氏に話を伺った。
東南アジアでの不動産事業

―――まず、クリードについて教えて下さい

約仕知宏(以下、約仕) クリードは1996年に設立した会社で、2005年には東京証券取引所第一部に株式を上場し、同年に東京証券取引所で住宅REIT、2006 年にはオフィスREITを上場しました。2009年にリーマンショックの影響をうけ上場を廃止し、その後、2012年から東南アジアへの不動産投資事業を本格化しています。展開している国は、マレーシア、ベトナム、カンボジア、バングラディシュ、ミャンマー、シンガポールです。主に住宅開発を中心とした不動産投資を行っています。カンボジアに会社を設立したのも東南アジアへの進出を始めた2012年です。


―――何故カンボジアで事業を開始したのでしょうか?

約仕 政情が安定していること、ASEANの中で経済成長率が高いこと、米ドルでの投資ができることの3つの理由が挙げられます。

日系初のコンドミニアムプロジェクト”ボダイジュ・レジデンス”

―――御社が手がけている「ボダイジュ・レジデンス」についてお聞かせください

約仕 建築的な魅力としては大規模物件であり、商業施設と隣接して利便性が高い物件でありながら、緑をふんだんに使った建築がされていることです。総戸数は928戸あります。ロケーションは空港前に立地していて、プノンペンSEZを始めとした工場エリアへのアクセスが良いので一定の賃貸需要が見込めると考えています。というのも、最初にコンドミニアムの市場を見た時に、供給は街の中心部に多かったので、供給がまだ少ない所・足りない所で需要が高いエリアに投資しようと思いました。

 今回の場所に選んだのは、空港の目の前です。隣に大型ショッピングモールが出来るのでそれが決め手になりました。また、このエリアには工場で働く外国人が住めるような質の高いアパートが少ないので競争相手が少ないという点で賃貸の需要はあるでしょう。

 想定する購入者はローカルの実需向けと海外の個人投資家の投資向けです。驚いたのが販売を開始して2週間が経ちましたが、予想以上にカンボジア人への反響が大きかったことですね。それだけ内需もあるということだと思います。(2015年9月現在)

不動産業界の今後

―――不動産業界の今後についてどうお考えですか?

約仕 現在プノンペンでは、コンドミニアムはオーバーサプライといわれていますが、我々としては、プノンペンにおけるコンドミニアムマーケットはまだまだ始まったばかりだと思っています。一見供給が多いように見えますが中期的に見て十分に需要は追いつくでしょう。エリアに関係なく全体的にまだまだ伸びしろがあると思います。


―――御社の今後の展開についておきかせください

約仕 (2015年9月現在)もうすぐボレイ・マハ・センソックとアラタ・ガーデン・レジデンスというローカル向け戸建て住宅を販売開始します。総戸数で1300戸以上です。今後も良いチャンスがあれば積極的に投資していきたいと考えています。外国人向けのコンドミニアムだけではなく、ローカル向けの物件も含め、日本クオリティの良質な住宅を供給していきたいと考えています。(取材日/2015年9月)


クリード・アジア(カンボジア) Creed Asia (Cambodia) Co.,Ltd.
事業内容:不動産業
URL: www.creed-group.com
関連記事
労働
変化を遂げるカンボジア人女性の仕事[労働]
(28日)
経済
カンボジア経済 予想を上回る成長の兆し アジア開発銀行[経済]
(10日)
経済
コンドミニアムのタイムシェア カンボジア・シアヌークビルで大規模プロジェクト[経済]
(03月20日)
日系
日立 カンボジアの地元建設会社との合弁会社設立[日系]
(03月08日)
経済
カンボジア南沿岸部 不動産開発会社にとっての鍵となるか[経済]
(03月07日)
経済
韓国の預金保険公社 不良資産回収のための支店をプノンペンに開設[経済]
(03月06日)
あわせて読みたい
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4

その他の「不動産」の業界インタビュー

人気記事ランキング