カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2016年3月9日

カンボジアの物件管理に於いて重要な点[不動産]ジェイムス・パデン(2/2)

不動産

CBRE カンボジア CBRE Cambodia
サーベイヤー: ジェイムス・パデン James Padden
変化を続けるカンボジアの不動産業界。オフィス物件・居住物件の賃貸価格の変化や、物件管理における重要な点をCBREカンボジアのジェイムズ・パデン氏に伺った。
居住物件

前回からの続き
居住物件市場は2つの側面から見る必要があると考えています。ボレーと呼ばれるゲート内高級物件と、市内中心部の中高層コンドミニアムです。カンボジア人はボレー内の物件を好む傾向があり、中高層コンドミニアムはシンガポールや日本、韓国や中国人など国際的な客層の投資物件として好まれる傾向があります。ここ数年のコンドミニアム価格は安定していますが、最近は販売平米単価1,200ドル前後から3,500ドル前後までと、価格帯の幅が広がっているように感じます。

また最近は4万ドル前後の販売価格からなる小規模、格安ユニットの市場投入も活発でエントリーレベルの投資向けに好まれているようです。今後の展望ですが、アジアの他の都市と同様に国内の所得向上や都市暮らし志向の高まりとともに国内需要に移行していくのではないかと予想しています。

CBREの戦略

CBREは世界的な不動産会社です。その経験や実績からカンボジアだけではなくシンガポールや香港、タイやベトナムなどアジア全域の魅力的な物件のご紹介が可能です。国際的基準を求めるクライアント様にもニーズに合ったものをご案内できるかと思います。広域をカバーすることで、顧客企業の販売戦略にもプラスに働いているかと思います。

また当社では社内に調査部署を置いて業界の最新情報を常にリサーチしている為、顧客へ今後の展望などを供給することが可能です。カンボジア支社においても国際的、ローカル両方の不動産の経験豊かなプロを揃えています。海外の顧客からはこのローカル情報が重宝されています。

カンボジアの物件管理に於いて重要な点

ビル管理に於いて、専門的マネジメントは重要項目です。借り受ける側からすると、一定の水準でのサービスや、問題があった際の対応などが受けられるという安心感が得られます。またビルをきちんと管理することにより物件そのものの耐用年数が増えることにもつながりますし、稼働率も上がるでしょう。きちんと管理の行き届いた物件の方が市場の中でも魅力的であるかと思います。

また、ディベロッパーはビル管理まで考えた計画立案をすることが重要です。初期段階で管理会社を交えた展望を持つことで稼働率利益率ともに上がりますし、管理側の視点で見た問題点への対策も可能です。例えば駐車場のデザインミス、配線やパイプスペースの効率的な配置なども完成後のコスト管理を大きく左右します。(取材日/2015年10月)


CBRE カンボジア CBRE Cambodia
事業内容:オフィスや物流施設などの賃貸借仲介、プロパティマネジメント、不動産鑑定など、総合的な不動産サービス
URL: http://www.cbre.com.kh
関連記事
経済
ベトナム発 コワーキングスペース会社 カンボジアに参入[経済]
(12日)
経済
シンガポールのキャピタランド社 プノンペンでモールを運営[経済]
(03月23日)
経済
ゴールドタワー42 政府の強い要請を受け2019年末までの竣工を約束[経済]
(03月16日)
経済
中国、カンボジア企業共同でカンボジアで62階建て商業ビルを建設[経済]
(03月14日)
日系
プノンペン経済特区に緑育をコンセプトにした工場が竣工[日系]
(03月09日)
経済
レンガの価格上昇 シアヌークビルの都市開発により需要高まる[経済]
(03月07日)
あわせて読みたい
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
注目
CASA BY MERIDIAN GFにてKOH PICH支店開設記念  PPCBANK代表 アンドリュー・ シン氏との対談
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集

その他の「不動産」の業界インタビュー