カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 法律
  • 2017年11月11日
  • カンボジアニュース

物流部門に関する法律制定を検討 カンボジア運輸省[法律]

news_201711101
(c)Khmer Times

 公共事業運輸省は、国際協力機関(JICA)や世界銀行と共同で、カンボジア国内の物流インフラの拡大に関連した法案の策定のために、業界関係者からの情報を収集している。クメールタイムズ紙が報じた。

 業界専門家、物流会社の代表者、政府関係者らは8日、新たな物流関連の法案の策定に向けて、カンボジアの物流部門が直面している主要な課題について議論した。

 会合でスン・チャントール運輸大臣は、「物流によって国を発展させるための法案を作成し、より多くの投資家を誘致することが重要だ。特にメコン川流域を物流拠点とする方法を模索すべきだ」と述べた。また参加者に対し全国の空港の開発と拡大に焦点を当てるよう呼び掛けた。

 会合の出席者らによると、過去15年間で物流部門の法規制の改革は進展がみられるものの課題は多く残るという。

 JICAのプロジェクトアドバイザーである安原裕人氏は、「輸送コストが減少すれば、海外直接投資は引き続き伸び続ける。日本企業の多くが、タイへのアクセスが良い国境のポイペトに注目している」と述べた。

関連記事
日系
カンボジア運輸大臣 日本通運の成田空港第三物流センターを視察[経済]
(11月17日)
経済
来年から輸出コストの引き下げ カンボジア[経済]
(11月11日)
社会
プノンペン 2018年4月より水上バスサービス開始か[社会]
(11月04日)
経済
カンボジア-タイ間の鉄道 年末にも合意か[経済]
(10月10日)
経済
アジア開発銀行 道路整備に7000万ドルの融資を承認[経済]
(10月06日)
経済
プノンペン、バンコク、ホーチミンの3都市を結ぶ 高級バスサービス構想[経済]
(09月15日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
業界
想像以上にカンボジア市場の可能性、面白さ、やりがいを感じた[飲食]小池聡
業界
2、3年住む方には、ぜひ我々の引越しサービスをご利用頂きたい[運輸・物流]ポール・グルー (4/4)
業界
良い病院や学校ができたことで家族での移住が進んでいる[運輸・物流]ポール・グルー (3/4)
法律の最新ニュースランキング
最新ニュース