カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 法律
  • 2016年11月13日
  • カンボジアニュース

給与所得税の納税対象の最低月給額を、250ドルへ引き上げか―カンボジア経済財政省[法律]

news_201611123 (1)
(c)Phnom Penh Post

 カンボジア国民議会が、給与所得税の納税対象者の最低月給額を200ドルから250ドルに引き上げる法律案を検討している。プノンペンポスト紙が報じた。

 カンボジア経済財政省の担当責任者によれば、同改正法案は来年1月にも議会を通過・発効する予定で、低所得者と高所得者の格差是正が期待されている。

 会計事務所DFDLのクリント・オコンネル氏によれば、「現行法では月収200ドル以上の場合に5%が徴税されることになっている。また、改正されれば、5%の課税対象上限が現在の312ドルから375ドルまで拡大される」と言う。

 KPMGカンボジアのマイケル・ゴードン氏は、「低所得者層の税負担を減らそうという動きは、格差改善へのステップだ」と語った。

 低所得者の課税対象月収の下限額引き上げは過去2年間で2回目で、生活コストの増加と縫製業の最低賃金上昇に伴う動きと見られている。

 カンボジア全国独立繊維労働組合連盟の代表代理は、「残業時間を含む労働時間がわずかに増加しつつあり、月収200ドルもすぐに達成するようになるだろう。収入の少ない人々にとって、少しでも収入が増えることは必要なことだ」と述べている。

関連記事
社会
プノンペン当局 首都で増加する違法質屋を摘発[社会]
(18日)
社会
カンボジア政府 メディアに続きNGO組織に対しても納税を要求[社会]
(16日)
経済
無許可のアメリカ国営放送に是正を要求 カンボジア情報省[経済]
(14日)
経済
カンボジア若手起業家協会 ビジネス情報センターを設立[経済]
(07日)
日系
フン・セン首相 9日から訪日 日本から2億ドル以上の資金調達か[日系]
(05日)
社会
フン・セン首相 社会保障制度の計画を発表[社会]
(07月26日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
業界
正しい知識を持った専門家に意見を聞くことが大事[法務・税務・会計] 坂本征大
業界
カンボジア税法、登録手続きの変化とその対応策[法務・税務・会計]松崎勇人
業界
世界148国にグローバルネットワークを持つプロフェッショナル・ファーム[法務・税務・会計]マイケル・ゴードン
法律の最新ニュースランキング
最新ニュース