カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 法律
  • 2016年9月24日
  • カンボジアニュース

カンボジア租税総局、最低課税制度の撤廃を検討か[法律]

news_201609241
(c)Phnom Penh Post

 今月21日に開催されたタックス・フォーラムで、カンボジア租税総局(GDT)のコン・ヴィボル総局長が、年間売上高に対して1%が課税される最低課税(Minimum Tax)制度の撤廃を検討していることを明らかにした。プノンペンポスト紙が報じた。

 最低課税制度は、法人税率20%と年間売上高の1%を比較し高い方を納税しなければならない税制だ。年間経常利益が赤字でも少なくとも売上高の1%は納税義務があるため、収益は多くとも利益率の小さい小売業者や製造業者にとっては負担になっていると考えられてきた。

 コン総局長は最低課税撤廃の具体的な時期には言及しなかったが、GDTは経済財政省と協力して省令を今後数ヶ月のうちに発令したいとの意向を示した。

関連記事
経済
カンボジア 2018年度国家予算15%増で承認[経済]
(20日)
経済
MFIへの海外からの融資資金の利子 源泉徴収税を軽減[経済]
(16日)
経済
カンボジア政府の国家債務総額 76億ドル[経済]
(02日)
経済
VATの税収 1~9月期の税収増加に貢献 カンボジア[経済]
(10月13日)
経済
月給300ドル未満の労働者に対し、税金免除へ 来年1月から[労働]
(10月12日)
経済
アジア開発銀行 カンボジアの経済モデルを再考する必要がある[経済]
(10月07日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
注目
21日水曜日、欧州商工会議所がタックス・フォーラムを開催
業界
カンボジアの税法に合わせた会計ソフトを開発 [法務・税務・会計] 安藤理智
業界
カンボジアの税務制度は変革期にある[法務・税務・会計]マック・ブラタナ、 ドゥク・ダリン
業界
有用性のある事前調査、プランニングが大切 [法務・税務・会計] 宮田智広
法律の最新ニュースランキング
最新ニュース