カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 法律
  • 2016年6月8日
  • カンボジアニュース

カンボジア最大手財閥ロイヤルグループ会長、政府に税率改正を促す[法律]

NEWS_201606083_mini
(c)Phnom Penh Post

 民間企業の代表者らは昨日、カンボジアの税法が昨今のビジネス状況を反映できていないとして、民間セクター成長のための税制改正を租税総局(General Department of Taxation=GDT)に要求したとプノンペンポスト紙が報じた。

 カンボジア商工会議所会頭でありロイヤルグループ会長のキット・メン氏は、「現在の税率は昔に決定されたもので、それ以降一度も改正されていない。税制改正はビジネスや競争力を後押しし、物流における事務処理プロセス簡素化のためにも必要だ」と語った。また同氏は、「ASEAN内での競争に伴う情勢の変化にもカンボジアは対応すべきである」と付け加えた。

 GDT総局長のコン・ヴィボル氏は、税制改正の時期が到来していることに同意し、「すでに改正案の90%が完成しており、6月末までには完成するだろう」と語る。

 GDTは改正案の作成に2013年から着手しており、オンラインでの税務登録・支払いや、徴税の透明性強化などを含んだ内容となる見込み。

 今年1月から4月末までのカンボジアの税収は、昨年の現時点より21%上昇し、6億3800万ドルに上っている。

関連記事
経済
起業家向けのビジネス情報プラットフォームが開始[経済]
(08日)
経済
政治的混乱が起こるカンボジア 現地企業は懸念を示さず[経済]
(06日)
社会
カンボジア政府 メディアに続きNGO組織に対しても納税を要求[社会]
(08月16日)
日系
プノンペンのスカイトレイン建設に向けFS調査を実施[日系]
(08月11日)
経済
カンボジア若手起業家協会 ビジネス情報センターを設立[経済]
(08月07日)
経済
韓国最大の小売業者イーマート 2019年に初店舗をオープン予定[経済]
(08月01日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
法律の最新ニュースランキング
最新ニュース