カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • イベント情報
  • 2014年12月17日
  • カンボジアニュース

第9回国際規格の輸出入産品・1州1品の展示会、15日から開催[イベント]

 第9回国際規格の輸出入産品および1州1品の展示会がプノンペンのダイヤモンドアイランド展示場にて12月15日から4日間開催されている。

 開催目的は商業・投資活動の活発化、とくに輸出産品の振興で、展示会によって、各州の産品の発掘を加速させるための機会、およびプノンペンと各州、各国のビジネスがつながる機会、およびカンボジアと各国の投資家への機会を提供する。

 展示会では、投資説明会および商業活動振興の説明会なども同時に開催される。
tt_logo
本記事は転載の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
米国への輸出 情勢悪化にも関わらず引き続き好調 カンボジア[経済]
(08日)
経済
アジア開発銀行 メコン地域にとってCBTAの実施が急務[経済]
(10月28日)
経済
アジア開発銀行 カンボジアの経済モデルを再考する必要がある[経済]
(10月07日)
経済
米国との外交論争は続くも 貿易には影響はないと政府は主張[経済]
(09月17日)
経済
カナダ・ASEAN諸国間の自由貿易協定 FS調査開始[経済]
(09月16日)
経済
ASEAN・香港間の自由貿易協定 今年11月に署名[経済]
(09月13日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
イベント情報の最新ニュースランキング
最新ニュース