カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年12月7日
  • カンボジアニュース

台湾系保険会社 カンボジアへ進出[経済]

20181207(
(c)Khmer Times

 東京海上グループも出資している台湾系ベンチャー保険会社のNewa保険(新安東京海上)は2日、カンボジアへの参入を発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 同社の会長は、「カンボジアの国民の成長を支援し、カンボジアの人々に必要な保険サービスを提供する」と語った。

 「しかし、このような小規模なマーケットで非常に多くの企業が存在することは、非常に競争の激しい業界になっています」とも付け加えた。

 フォルテ保険(Forte Insurance)のマネージングダイレクターによると、現在カンボジアには損害保険会社が15社あり、時価総額は1億ドルを超える。 同氏は、「保険業界は毎年平均15%の成長を遂げている」と述べた。

関連記事
経済
カンボジアの生命保険料総額、初めて一般保険料総額を上回る[経済]
(04月29日)
日系
第一生命、カンボジアにおける生命保険事業に進出[日系]
(04月25日)
経済
2018年のカンボジアの保険業界 総保険料30%増[経済]
(03月26日)
経済
マニュライフ生命保険 6支店目 シアヌークビルへ進出 カンボジア[経済]
(11月14日)
経済
IT企業が保険会社向け製品開発のため新たな提携開始 カンボジア[経済]
(16日)
経済
カンボジアの保険業界 2018年も好調なスタート[経済]
(11日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの保険業界に、これまで少なかった「代理店」というシステムを[金融・保険] ibs (1/3)
業界
カンボジアの保険業界は外資系企業の参入を予想[保険]マイケル・グリーン
業界
24時間体制で事故現場に駆けつけ、条件や補償で交渉ができる保険会社[保険]マイケル・グリーン
業界
ほかのアジアの国よりも早いペースで成長する[保険]マイケル・グリーン
業界
今後も大きな成長産業になると期待。フォルテ保険[保険]チャールズ・チェオ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース