カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年11月19日
  • カンボジアニュース

コメ輸出大手アムルライス EUの関税導入検討に反発 カンボジア[経済]

20181119()
(c)Phnom Penh Post

 コメ輸出大手のアムルライスは、EUにカンボジアのコメ輸出に関税をかけることを考え直すよう訴えている。プノンペンポスト紙が報じた。

 イタリアのコメ農家は、少なくても2014年からカンボジアのコメ輸入に対し、不満を抱いていたが、委員会によって正式な調査が開始されたのは今回が初めてだ。

 アムルライスのCEOは、「EUは、この保護条約を見直すべきだ。そうでなければ、カンボジアのコメ産業全体に影響を及ぼす」と述べた。また、「この条約は、インディカ米や白米だけでなく、全てのタイプのコメが対象になっている。そのため、我々の香り米にも悪影響を及ぼす」と付け加えた。

 農林水産省のダイレクターは、「EBA協定とWTOに基づくと、これはフェアではない。 我々のコメ生産は、香り米の輸出が中心で、イタリア市場を傷つけることはない」と述べた。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース