カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年11月2日
  • カンボジアニュース

中国江蘇省 シアヌークビルへさらなる投資へ カンボジア[経済]

20181102
(c)Khmer Times

 中国江蘇省の投資家は、シアヌークビル経済特区(SSEZ)へさらなる投資をする模様だ。クメールタイムズ紙が報じた。

 江蘇省の投資は、主に衣服産業と輸出関連企業だが、医療分野にも行なっている。

 同省の医療チームは、無料の医療サービスを提供するため、プノンペン、シェムリアップ、とコンポン・スプー州に派遣され、医療知識の講義や現地の医療スタッフの訓練を行った。

関連記事
社会
ビルの倒壊事故、救助活動が終了 28人死亡、26人負傷[社会]
(06月25日)
社会
建設中のビル倒壊、24人死亡 カンボジア[社会]
(06月24日)
経済
泥酔して叫び、喧嘩する中国人 チャイナタウン化するシアヌークビル[経済]
(06月13日)
経済
プリンスグループ、巨大リゾート開発をシアヌークビルで着工[経済]
(06月11日)
社会
デタラメなクメール語看板を391枚撤去 シアヌークビル[社会]
(06月04日)
社会
中国人ギャング、シアヌークビルの支配権を掌握すると宣言[社会]
(05月17日)
あわせて読みたい
特集
キリロム工科大学 学生寮投資のお願い
特集
カンボジア人の声 ケーマインターナショナル総合病院 産婦人科 チャン・チャンノエウン 
特集
卒業生の収入とITレベルが、圧倒的。世界トップレベルのIT事業が始まる。
特集
ただ代わりに得るものは、世界へ飛び立てる切符。
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース