カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年11月2日
  • カンボジアニュース

中国江蘇省 シアヌークビルへさらなる投資へ カンボジア[経済]

20181102
(c)Khmer Times

 中国江蘇省の投資家は、シアヌークビル経済特区(SSEZ)へさらなる投資をする模様だ。クメールタイムズ紙が報じた。

 江蘇省の投資は、主に衣服産業と輸出関連企業だが、医療分野にも行なっている。

 同省の医療チームは、無料の医療サービスを提供するため、プノンペン、シェムリアップ、とコンポン・スプー州に派遣され、医療知識の講義や現地の医療スタッフの訓練を行った。

関連記事
経済
アムルライスが5万トンの水稲を購入 カンボジア[経済]
(17日)
経済
170件の投資プロジェクトを承認 カンボジア[経済]
(16日)
経済
マニュライフ生命保険 6支店目 シアヌークビルへ進出 カンボジア[経済]
(14日)
経済
シアヌークビル 人口増加により水不足 カンボジア[経済]
(06日)
経済
上海投資会社 カンポット州を経済特区計画 カンボジア[経済]
(04日)
経済
新たに69の衣服工場作られる カンボジア[経済]
(03日)
あわせて読みたい
特集
卒業生の収入とITレベルが、圧倒的。世界トップレベルのIT事業が始まる。
特集
ただ代わりに得るものは、世界へ飛び立てる切符。
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース