カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年10月27日
  • カンボジアニュース

シアヌークビル不動産賃貸 数年後伸び悩みか カンボジア[経済]

20181026
(c)Phnom Penh Post

 現在、シアヌークビルの不動産賃貸は、多くの中国人の投資により、価格が高騰しているが、大規模な建設プロジェクトが完了する数年後に落ちこむ可能性がある。プノンペンポスト紙が報じた。

 シアヌークビルでは、主要な住宅、ゲストハウス、レストラン、ホテルのほとんどが中国人に賃貸されている。中国人に賃貸する場合、2〜3年前の賃貸料は、月に500〜1000ドルだったが、現在は月に5000〜7000ドルだ。

 現地不動産会社のラッキーリアルティー社のディット・チャンナCEOは、「少なくとも3年間は不動産賃貸が成長していくと思う」と述べた。

関連記事
経済
MF大手ハッタカクセカー 社債を証券取引所に上場 カンボジア[経済]
(15日)
経済
国連 中国一帯一路構想によるカンボジアへの影響を考察[経済]
(15日)
経済
クラチェ州ブンタン GI取得により価格上昇 カンボジア[経済]
(14日)
経済
ジェットコンテナナイトマーケット閉鎖 カンボジア[経済]
(13日)
経済
水上タクシー さらに多くの駅の建設を検討 カンボジア[経済]
(12日)
経済
シアヌークビル の海 廃棄物による汚染進む カンボジア[経済]
(11日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース