カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 政治
  • 2018年10月26日
  • カンボジアニュース

首相 中国人流入問題に反論 カンボジア[政治]

20181025
(c)Phnom Penh Post

 フンセン首相は24日、「中国がカンボジアを侵略している」という一部の主張に対し非難した。プノンペンポスト紙が報じた。

 多くの中国人がカンボジアへ流入することに懸念を抱いている人も多い。特にそのことは、プレア・シアヌーク州で顕著にみられる。

 首相は、「カンボジアには多くの建設プロジェクトがあるが、十分なスキルを持った労働者が少なく、中国人に橋の建設やその他多くのプロジェクトに関わってもらう必要がある」と述べた。

関連記事
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(16日)
労働
建設労働者の最低賃金の設定 待遇改善が期待される カンボジア[労働]
(04日)
経済
シアヌークビルにITビルディングが竣工 カンボジア[経済]
(03日)
経済
2018年の建設プロジェクト数は19%減少 カンボジア建設省[経済]
(12月26日)
経済
プレアシアヌーク州当局が放置する建材を強制撤去[経済]
(12月25日)
経済
シアヌークビルの建設プロジェクトでホテルの売却を中止 シンガポール系企業[経済]
(12月25日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
注目
アジアン・ビジネス交流会(旧KJCC) 5月27日開催
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
政治の最新ニュースランキング
最新ニュース