カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年10月23日
  • カンボジアニュース

プノンペン 経済特区に新たな投資 カンボジア[経済]

20181023
(c)Phnom Penh Post

 タイとシンガポールの物流会社は、カンボジア証券取引所(CSX)に上場しているプノンペン経済特区(PPSEZ)に対し、約1000万ドルを投資した。プノンペンポスト紙が報じた。

 投資したのは、タイの物流会社JWDインフォロジスティクスとシンガポールの物流会社BOK SENGグループだ。両者合わせて、PPSEZの1400万株を保有する。

 BOK SENGグループのCEOは、「将来的にPPSEZに我々のノウハウを投入することができる」と述べた。

関連記事
経済
株式市場の投資家数 倍増 カンボジア[経済]
(16日)
経済
MF大手ハッタカクセカー 社債を証券取引所に上場 カンボジア[経済]
(15日)
経済
韓国企業 カンボジアの農業分野に関心[経済]
(05日)
経済
カンボジア UAEに投資要請[経済]
(11月29日)
経済
アムルライスが5万トンの水稲を購入 カンボジア[経済]
(11月17日)
経済
初の社債発行のハッタカクセカー 機関投資家により全ての社債購入される カンボジア[経済]
(11月16日)
あわせて読みたい
特集
卒業生の収入とITレベルが、圧倒的。世界トップレベルのIT事業が始まる。
特集
ただ代わりに得るものは、世界へ飛び立てる切符。
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース