カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年10月23日
  • カンボジアニュース

プノンペン 経済特区に新たな投資 カンボジア[経済]

20181023
(c)Phnom Penh Post

 タイとシンガポールの物流会社は、カンボジア証券取引所(CSX)に上場しているプノンペン経済特区(PPSEZ)に対し、約1000万ドルを投資した。プノンペンポスト紙が報じた。

 投資したのは、タイの物流会社JWDインフォロジスティクスとシンガポールの物流会社BOK SENGグループだ。両者合わせて、PPSEZの1400万株を保有する。

 BOK SENGグループのCEOは、「将来的にPPSEZに我々のノウハウを投入することができる」と述べた。

関連記事
経済
カンボジア発のベンチャーキャピタルが5500万ドルを確保[経済]
(03日)
経済
プノンペン自治港の第1四半期売上が26%増[経済]
(05月23日)
経済
カンボジア証券取引所 年内に3、4社が上場予定[経済]
(05月13日)
経済
カンボジア証券取引所の株式時価総額、第1四半期21%増[経済]
(05月07日)
経済
カンボジアの上場企業は1億2040万ドルを市場から調達[経済]
(04月19日)
経済
上場インセンティブとして低金利ローンを2行が開始 カンボジア[経済]
(04月01日)
あわせて読みたい
特集
キリロム工科大学 学生寮投資のお願い
特集
卒業生の収入とITレベルが、圧倒的。世界トップレベルのIT事業が始まる。
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.7-
特集
ただ代わりに得るものは、世界へ飛び立てる切符。
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース