カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年10月11日
  • カンボジアニュース

残留農薬 検査可能に カンボジア[経済]

20181011
(c)Khmer Times

 農作物の残留農薬がLCMS呼ばれるシステムで検査できるようになった。カンボジアでこのシステムが使用されるのは初めてだ。クメールタイムズ紙が報じた。

 農林水産省の長官は、「新しいこのシステムで、私たちは地方で作られた野菜や果物に含まれる残留農薬の量を知ることができる」と述べた。

 農場経営者や輸出業者たちに製品を検査することが義務付けられているわけではない。しかし、これらのシステムを使うことで、国際的に認知されているという証明書を受け取ることができる。

 多くの国が証明書を求めているため、LCMSシステムを使用してテストを行うことは輸出業者にとって非常に重要なことである。

関連記事
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース