カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年10月3日
  • カンボジアニュース

サマセットブランド プノンペン初[経済]

20181003
(c)Khmer Times

 キャピタランドが保有するレジデンスユニットのアスコットは、サマセットブランドのサービスアパートメントを月曜日にオープンした。クメールタイムズ紙が報じた。

 サービスアパートメントとしては、昨年オープンしたカサメリディアンがカンボジア初のサービスアパートメントである。

 サマセットは、30階建てで、全家具付きの部屋が169つ備えられている。アスコットは現在家具付き250部屋をカンボジアで有している。

 同社メディアは、「サマセットは、大使館、インターナショナルスクール、ショッピングモール、レストランなどが集中する都心部でのバランスのとれたライフスタイルに重きをおく旅行者や移住者にとって、非常に便利な住居を提供することができる」と述べた。

関連記事
経済
トゥール・コーク区の賃貸マンションの供給が3倍に増加 カンボジア[経済]
(11月03日)
経済
コンドミニアムの供給が僅かに増加 カンボジア[経済]
(10月25日)
経済
タクマウ市で新しい住宅プロジェクト カンボジア[経済]
(10月23日)
経済
カンボジア参入を模索する英国の建設会社が急増[経済]
(10月18日)
経済
中国企業 シハヌークビルに数十億ドルを投資 カンボジア[経済]
(10月15日)
政治
環境に優しい住居の建設を求める カンボジア[政治]
(10月12日)
あわせて読みたい
注目
最新のプノンペンお買い物スポット エクスチェンジスクエア!
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース