カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年9月29日
  • カンボジアニュース

住宅建築 需要沸騰 カンボジア[経済]

20180928
(c)Phnom Penh Post

 住宅建築がカンボジアでブームになっている。特に、郊外のエリアで手頃な価格の住宅建築が大きく伸びている模様だ。プノンペンポスト紙が報じた。

 専門家は、「政権の安定、著しい経済成長、家族数の増加、そして海外からの投資の流入が、住宅建築の成長の要因になっている」と述べた。

 カンボジアの不動産、住宅産業は、都市部で急激に成長し、郊外も需要が作り出されている。国土整備・都市化・建設省は、「2030年までに約80万の新たな住宅が建設されなければならない。このことは、デベロッパーにとって良い知らせだ」と発表した。

関連記事
経済
カンボジアの建設投資は前年比78%増加の予測[経済]
(06日)
経済
オクスリー・ジェムがザ・ピークの新しい請負業者を発表 カンボジア[経済]
(02日)
経済
2019年上半期の不動産、堅調な成長 カンボジア[経済]
(10月29日)
経済
カンボジアの建設投資が好調 前年同期比3割超[経済]
(10月18日)
労働
カンボジアの建設労働者数、30%減少[労働]
(10月17日)
経済
不動産会社CBREが第3四半期の不動産市況を報告[経済]
(10月16日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース