カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2016年1月28日
  • カンボジアニュース

出光クレジット、カンボジアで農業分野向け融資・個品割賦事業を開始[日系]

 出光クレジット株式会社(東京都墨田区、社長:橋本薫)は、カンボジア・バッタンバン市に現地法人を設立し、農業分野を中心とした融資事業・個品割賦(分割払い)事業を開始しると発表した。

 カンボジア政府は、基幹産業である農業の近代化と農家の生活向上を最優先の取り組み課題とし、2010年に発表した「ライス・ポリシー」において、5年間でコメの生産量を2倍、輸出量を10倍に拡大する政策を掲げるなか、国内企業やNGOが、農業生産者との栽培契約や農業指導を実施・拡大しており、農業分野の成長が加速している。

 こうした状況から、出光クレジット株式会社は、農業生産者の資金調達ニーズに応え、カンボジア国民の生活向上ならびに同国の経済発展に貢献するため、現地法人を設立し、カンボジア中央銀行よりマイクロファイナンス事業分野のライセンスを1 月20 日に取得した。

関連記事
経済
ベトナム カンボジアでのカシューナッツ生産を支援[経済]
(14日)
経済
来年 カンボジアのパーム油が日本市場に初めて出荷か[経済]
(14日)
経済
ジャポニカ米の品種研究のため 中国と覚書締結[経済]
(09日)
経済
カンボジア産パームシュガー ASEANフードカンファレンスで1位[経済]
(11月26日)
経済
農業セクター 機械の導入で近代化を図る[経済]
(11月21日)
経済
MFIへの海外からの融資資金の利子 源泉徴収税を軽減[経済]
(11月16日)
あわせて読みたい
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース