カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年1月27日
  • カンボジアニュース

首相、鉄道輸送促進を明言するも、課題は山積[経済]

a-train
(c)Phnom Penh Post

25日、フン・セン首相は、プノンペンで行われたカンボジア・ライス・フォーラムで物流会社に対し、コンテナのトラック輸送から鉄道輸送に切り替えるよう促した。コンテナの負荷により道路が傷むことを防ぎつつ、コスト効率を高める狙い。また、鉄鋼、セメントなど80トンを超える貨物をトラックで輸送しているため、道路の損傷が問題になっている。

カンボジアの鉄道は、2013年よりタイランド湾に面する港湾都市・シアヌークビルと首都プノンペン間の266キロに及ぶ南方線が唯一稼働しており、毎日、石油、石炭、建材、衣類や米を積んで運航している。なお、プノンペンとポイペト、そしてタイへと結ぶ386キロに渡る北方線は未だ稼働していない。

プノンペンポスト紙によると、鉄道会社の責任者は、「鉄道では20フィートコンテナで約100ドル、40フィートコンテナで約120ドルだが、トラック輸送では同じ工程で1コンテナあたり約200ドルかかるため、鉄道の方が費用対効果が高い」と主張している。

しかし、鉄道の場合、終着駅と港が直接連結していないため、数百メートルを別でトラックに乗せ換え輸送する必要があり、最終的なコストはトラックで直接行く方が結果として安く収まる可能性がある。また、列車が一日1便の固定スケジュールで、かつ時間がかかるのに対し、トラックの場合は時間の面で融通が利く。

鉄道輸送を促進するには、駅や便数を増やすなどのサービスの充実が必要不可欠だ。

関連記事
観光
シアヌークビルと成都が姉妹都市提携[観光]
(11月14日)
法律
物流部門に関する法律制定を検討 カンボジア運輸省[法律]
(11月11日)
経済
来年から輸出コストの引き下げ カンボジア[経済]
(11月11日)
経済
カンボジア-タイ間の鉄道 年末にも合意か[経済]
(10月10日)
経済
シアヌークビル 不動産価値の上昇は続くがバブルの可能性も指摘[経済]
(10月02日)
経済
中国スカイ鉄道グループ プノンペンにスカイトレイン計画を発表[経済]
(09月29日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
業界
大事なことは、業界問わず共に市場拡大を目指して都市を盛り上げること[観光・飲食] ノエル・フーラー (2/2)
業界
想像以上にカンボジア市場の可能性、面白さ、やりがいを感じた[飲食]小池聡
業界
2、3年住む方には、ぜひ我々の引越しサービスをご利用頂きたい[運輸・物流]ポール・グルー (4/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース