カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2015年8月10日
  • カンボジアニュース

汚職対策ユニット、7社が異常な入札を行ったと発表[社会]

 汚職対策ユニット(ACU)は、2014-2015年に保健省の行ったサービスや資機材の入札に参加した7社が異常な入札を行ったと発表した。

 8月5日にACUが明らかにしたところでは、建設、車両の修理、ガソリン供給、酸素の供給、出版、事務用品、などの入札において、問題となった7社は会社登録されていなかったり、従業員がいない、住所がない、など実体のない会社だっという。

 入札方法に関しては、保健省は入札書類を精査せず、住所や資産の確認などもしていなかったという。さらに、一部の会社は入札のために必要な銀行保証書も添付していなかった。

 ACUのアオム・ユンティエン局長によると、ACUは保健省に対し今後このような入札を行わないよう注意したと言う。
tt_logo
本記事は転載の許諾を得て掲載しております。

関連記事
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース