カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2015年5月31日
  • カンボジアニュース

カンボジア大手通信会社イージーコムが、8千万ドルを投資して海底ケーブル設置

MCT-Cable-big

 インターネットプロバイダのイージーコム(EZECOM)は月曜日、8千万ドルを投じた海底ケーブル事業への覚書を交わした。このケーブルはマレーシアとタイ、カンボジアを繋ぐもので、実現すればインターネットのスピード向上とともにサービスコストの値下げにも繋がる。イージーコムの関連会社であるテレコテク(Telcotech)はタイのシンフォニー・コミュニケーション(Symphony Communication)社とマレーシアのテレコム・マレーシア(Telekom Malaysia)社と共同で3か国間に渡る1300kmに及ぶケーブルシステム(MCT)を施設するという。


 報道資料でイージーコム社は計画の完了が2016年末と予定されていること、完了後のMCTは施設距離2万kmに及ぶアジア・アメリカ・ゲートウェイ海底ケーブル(AAG)に接続されることも公表された。この実現により接続性の大幅向上によるサービスの幅も広がり、デジタル情報の広がりに期待ができると報道資料では締めくくられている。

SlikPhotography-8594_mini

報道発表後、イージーコム社のCEOであるPaul Blanche Horgan氏は、「MCT実現によりイージーコム社がISP各社に提供している接続スピードの大幅向上が期待される。会社の方針として各社へのサービス網提供へ注力しており、現在既にカンボジア国内の競合他社へ卸売り事業が主力になりつつある」と述べた。

.
logoCDfinal@2x
本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
モバイルネットワークサービスの価格競争を評価 カンボジア電気通信規制機関[経済]
(12月31日)
経済
アクシアタグループ カンボジア市場で好調なるもマレーシア親会社は純利益減少[経済]
(11月28日)
社会
水祭りに備え 可動性のある携帯電話基地局の配備を要請[社会]
(10月17日)
経済
スマートアクシアタ 主要オンラインメディア・サバイの株式30%を取得[経済]
(10月11日)
経済
ローカル向けのストリーミングプラットフォームが勢いを見せる[経済]
(09月18日)
経済
中国製スマートフォンMeizu Pro 7 カムフォンから販売開始[経済]
(08月30日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア人の声 MEIHO ENGINEERING Inc. チューン・チャナ
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース