カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年9月28日
  • カンボジアニュース

中国 カンボジア不動産業界を牽引[経済]

20180928
(c)real estate
カンボジアの不動産業界は急激に成長している。リアルエステートが報じた。

特に中国から巨額投資を受け、建設は絶え間なく進んでいる。近隣諸国と比較するとまだ安価ではあるが、国内の発展した地域において不動産価格は上がっている。

近い将来に不動産市場が崩壊するという予測があるのにもかかわらず、不動産専門家たちは、カンボジアの不動産業界はうまく軌道に乗っているという意見で一致した。

中国は今後、カンボジア不動産業界を先導する投資者になることが予想される。日本、韓国、マレーシア、ベトナムはそれに続くことになるだろう。

関連記事
経済
日本との二国間貿易が大きく拡大 カンボジア[経済]
(05日)
経済
一帯一路構想にはリスクが伴うと専門家は指摘 カンボジア[経済]
(12月23日)
経済
セルカード 中国企業と提携しeSIMサービス開始 カンボジア[経済]
(12月21日)
経済
カンボジアエアポート利用者数 120万人増加の1000万人へ[経済]
(12月19日)
政治
鉄道インフラ部門において協力する日本と中国 カンボジア[政治]
(12月10日)
経済
フン・セン首相 中国の海軍基地建設報道を否定 カンボジア[経済]
(12月09日)
あわせて読みたい
注目
最新のプノンペンお買い物スポット エクスチェンジスクエア!
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース